kv

SERVICE

CORPORATE COMMUNICATION

サービス│企業広報コンサルティング

事業経営、組織の存続に欠かせないステークホルダーとの
コミュニケーションの最適解を導く

長年に渡り、様々な業界、業種のクライアントに対して広報のアドバイスを行ってきたコンサルタントには、経験と実績に裏付けられたベストプラクティスが豊富にあります。
依頼企業(組織)の特性に応じて、コミュニケーションの方針、手法、手段についてコンサルティングを行います。

メニュー

平常時を想定したメディアトレーニング

自社の成長性を様々なステークホルダーに対してポジティブに的確に伝えるために、経営トップはじめスポークスパーソンはどのような情報発信を行えばよいのか、受講者ご自身に気付きを得ていただける形で、長年のコンサルティングの知見に基づいた実践的なプログラムを提供します。

  • 想定ケース:トップインタビュー、事業の責任者インタビュー、経営戦略説明会、事業戦略説明会、など
  • 受講対象:社長、最高財務責任者(CFO)、各事業担当役員など

※詳細はこちら

企業広報コンサルティング(年間顧問契約)

コーポレート広報における日常的なコーポレートコミュニケーション活動全般に関してアドバイスを行います。
広報の基礎や情報開示の考え方、年間活動計画立案からリリースなどの確認に至るまで、必要に応じて柔軟に、経験豊富なコンサルタントにご相談いただくことが可能です。

報道分析

世論や自社を取り巻く状況を俯瞰で把握することは、広報に求められる基本的な要素です。
自社、競合他社、ベンチマーク、特定のトピックなど、様々な切り口で報道状況を分析し、傾向を洗い出すことで、今後の広報活動に活かせるレポートを提供します。
報道分析は、分析結果を実際の広報活動に活用できなくては価値が生まれません。プラップコンサルティングの報道分析は、単なる定量分析にとどまらず、広報コンサルティングの視点ならではの内容となっています。

広報基礎講座

広報の現場において必要とされる「広報感覚」を養っていただくプログラムです。
社外に向けての広報にフォーカスし、メディア対応という特殊なコミュニケーションを理解した上でどう対応すべきなのか、実践的なプログラムを提供します。
経験豊富なコンサルタントが講師を務め、日頃からの疑問にもお答えします。

  • 受講対象:新任広報担当者など

プレスリリース作成講座(ワークショップあり)

プレスリリース作成を通じて、作成ノウハウとともに、「広報は企業になぜ必要なのか」「広報と広告の違い」「マスメディアの特性」といった広報の基礎的な感覚を養うプログラムです。
また広報担当者のみならず、プレスリリースの情報元となる事業部の社員の方々にも受講いただくことにより、社内における情報収集をよりスムーズに行うことができるようになります。
※ワークショップを行わず座学のみの実施も可能です。

  • 受講対象:新任広報担当者、事業部社員など

イメージコンサルティング

スポークスパーソンの外見(ヘアスタイル、服装、装飾など)の個別診断から買い物同行まで、企業・ブランドイメージに沿ったコンサルティングをご提供します。

  • 社長や経営幹部の外見イメージのコンサルティング(実践的支援)
  • 社長や経営幹部のポートレート撮影立会い(実践的支援)
  • イメージコンサルティング・セミナー「スポークスパーソンを魅力的に演出」(レクチャー)
  • 各企業オリジナルのスポークスパーソン向け『外見ガイドライン』作成

SNSマニュアル作成支援

多くの企業が自社PRのために公式SNSを運用し、SNSを活用したマーケティング施策による情報発信が日々展開されています。また、若手社員から管理職、経営層まで、日々多くのソーシャルメディアに触れ、自身が勤務する企業に関する投稿も行われています。
企業が自ら発信した情報・施策あるいは従業員による投稿が発端となって炎上し、その後の誤った対応により企業のレピュテーションを大きく毀損することのないよう、SNSリスクに備える各種マニュアル作成の支援を行います。

全従業員向けソーシャルメディア利用ガイドライン作成

社員がプライベートにおいて、ソーシャルメディアを利用する際の心得・注意点を周知し、情報漏洩等のトラブル、リスクを未然に防ぐ。

ソーシャルメディア公式アカウント運用マニュアル作成

自社のソーシャルメディアアカウントを運用する上での体制を構築、ルールを整備し、ユーザーとのトラブル、炎上等のリスクを未然に防ぐ。

SNSにおける危機対応マニュアル作成

炎上が生じた場合の対応体制を構築・整備するとともに、対応の流れや基本的な考え方を理解することで、炎上の拡大・拡散を防ぐ。

メンバー

井口 明彦

代表取締役社長
メディアトレーニング
シニアトレーナー/危機管理広報主席コンサルタント

トップの取材や記者会見をスムーズに行うためのメディアトレーニングや緊急事態発生時の記者会見を想定したクライシスコミュニケーショントレーニングを年間200件程手がける。また危機管理広報の分野でも企業や行政に対して数多くのコンサルティングを行う。豊富なメディア対応経験や危機管理広報のコンサルティング経験を活かし、講演等も数多く行っている。

炭田 智江

コンサルティング部 部長
広報シニアコンサルタント/メディアトレーニング トレーナー

東京大学卒業後、総合電機メーカーを経て、プラップジャパンに入社。コーポレートPRからマーケティングPRまで幅広く、実践的なコンサルティング経験を持つ。日々の企業広報業務に関するコンサルテーションに加え、危機管理広報コンサルタントとして緊急事態発生時のコンサルテーションに従事している。メディアトレーニングでは講師及びプログラムの企画、模擬インタビューや模擬記者会見の記者役およびクリティークを担当する。

西村 直子

業務推進部 部長
イメージコンサルタント/
シニアアナリスト

大学卒業後、大手企業を経てプラップジャパン入社。官公庁や特殊法人における広報活動の戦略プラン立案および広報ツール、イベントの制作を担当。その後、メディアーニング部に異動。企業幹部、団体組織の幹部など1800名以上のメディアトレーニングに参画し実施経験が豊富。スポークスパーソンの外見印象形成のアドバイスのほか、コンサルティング部門メンバーとして企業広報および危機管理広報のコンサルテーションに従事している。

栗山 仁

アナリスト

大学卒業後、プラップジャパンに入社。広報戦略立案やマーケティングPR、啓発PRなど、50以上の企業・団体のPR経験を持つ。メディアトレーニングではプログラムの企画、模擬インタビューや模擬記者会見の記者役を担当。コンサルティング部門メンバーとして企業広報および危機管理広報のコンサルテーションに従事している。

永山 裕介

アナリスト

大学卒業後、プラップジャパンに入社。数多くのメディアトレーニングにて模擬記者会見の記者役を担当。平常時のコーポレートPRのサポートを行いながら、コンサルティング部門メンバーとして企業広報および危機管理広報のコンサルテーションに従事している。

仲田 悠介

アナリスト

大学卒業後、静岡県内の民放テレビ局に入社。記者として、警察・政治・行政・経済・自然災害など幅広い分野を取材。特に県下経済界(観光・製造・物流業)への取材に加え、企業の不祥事や従業員の横領事件などの取材、国会議員や市長といった政治家への取材経験を持つ。メディアトレーニングでは経験を活かし記者役を担当。コンサルティング部門メンバーとして企業広報および危機管理広報のコンサルテーションに従事している。


吉宮 拓

取締役
メディアトレーニング
シニアトレーナー

PRコンサルタントとして20年以上にわたり様々な業界における企業の広報活動を支援している。製品回収や企業不祥事など危機管理広報の経験も豊富。近年は戦略企画部門のトップとして新規プロジェクトの広報戦略立案にも従事した。並行して、メディアトレーニングを通じて350件以上の企業トップや経営幹部クラスへのコンサルテーションに携わっている。

浅羽 雄介

メディアトレーニングトレーナー

トップ、スポークスパーソンを対象としたメディアトレーニング、プレゼンテーショントレーニングを担当。受講者の気づきを促すトレーニングスタイルを得意としている。また、企業、団体、研究機関などのブランディングをコンサルタント、ファシリテーターとして数多く手がけている。


pagetop

閉じる